I Love You 2020

Cole Porterの「I Love You」。

Jazzスタンダードとしてピックアップされる曲はどれも名曲なんですけど、Cole Porterは1891年生まれなので年代的にはJazzの中でもアーリーに分類される作曲家。

僕もReal Bookとかでいろんな曲を演奏していくうちに巡り合った曲。

オリジナルのコード進行も素晴らしいんだけど、僕なりに面白くハーモニーとコードを変えてアレンジしたのがこのバージョン。

https://www.youtube.com/watch?v=RJlCiR_W9_w

iPadの譜面に赤く書き加えてるのが見えるけど、ほぼ全部のコードを変えてるから、最初は恐ろしく難しかった。

世の中の曲で一番難しく感じるのは自分の曲だったりするw。

分析をしっかりして何度もトライしていくとできるようになるし、その過程が面白いこともあるんだけど、最初に作るときにはソロやる側の立場じゃなくて、とにかく聴いてて面白い音楽にするために変化をつけてるから、ワンキーで終わるってことはまずない。

これを公開したのは今年の8月。

緊急事態宣言は終わっても、音楽関係の仕事はまだ再開してなくて、実質的な自粛期間が続いていたわけですけど、その中でループ演奏の自分なりの方向性が開拓できた期間でもあります。

「I Love You 2020」は、その初期の曲の一つです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA