カレーチキンバーガーとMac Pro

相変わらずモス比率が高いんですが,期間限定シリーズのカレーチキンバーガーの虜です。
もう期間限定終わっちゃったところも多いみたいなので,「虜でした」が正解か。

IMG_1614.JPG

モスの辛いシリーズって,結構ンマいんだよな。

ファーストフード系の中では,かなりしっかり作ってある感じ。

でも,残念ながら,もう終了。また来年食べたいなーっと。

さーて,ここ2〜3日はMac Proをどうするかな方面も検証中。

ほぼ同じ筐体で前に持ってたPowerMac G5の時は性能はよかったけど,なにしろでかい(空き箱も)ので,Intel Mac移行のタイミングで売っちゃったんだよね。
出来ればでかいのは置きたくないんー。もうさー,部屋ん中,機材多すぎ。

でも,Snow Leopardが出て,64ビットだの32ビットだのになってきて,ふと気がついたわけです。

今後発売されるMac Proは,かなりの高確率で64ビットモードのデフォルト起動になるはず。
おそらく,32ビットモードでも起動できるだろうけど,最適化は64ビットモードの方だろうと。

となると,どうなるか。

Snow Leopardが出てから,いろいろなDAWメーカーのウェブを見て回ったけど,どこもほとんどの場合,「32ビットモードでの起動を推奨」になってて,64ビットモードに対応している製品の方が少ない。

まあ,これは当たり前の話なんだけど,となると近いうちに予想されるのがアップデートですね。

そのアップデートが無償だったらいいですけど,64ビットモードへの対応って,それなりに開発リソース必要だと思う。

となると有償。

おそらく,プラグイン関係も64ビットモードは有償でしょう。

今使ってるDAW系,サンプリング,音源,DSPエフェクト,この辺が一遍に有償アップデート必須になったら,いったいいくらになるのか。

計算したくないけど,必死でやってみる。

ざっくりと10製品×2万(てことないけど)としても20万。平均3万だとしたら30。

これって,Mac Pro買える値段じゃないですか。

ってことになるわけですよ。

どの製品もいずれは64ビットバージョンへのアップグレードが必要だとしても,今のMac Proを入手してLeopard起動のマシンを確保しておくと,アップグレードのタイミングは自分が選べるわけです。

でも,来年以降,もし万が一,64ビットモード最適化のMac Proしか販売されなくなったら,常用アプリの64ビットバージョンへのアップグレードは同じタイミングで必要になります。
つまり,Mac Pro本体の価格プラス,常用必須アプリの64ビットバージョンの購入orアップグレード価格がトータル出費になります。

なので,頭の中では近いうちにMac Proに替えるのが,来年の出費を抑えるために必要なことなんだよなーと思いつつ,あれこれ算段してみてるところなのであります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA