図虫が無い

来週のリハ用の仕込み準備開始。
んー,少ないリハでどうこなすかなあ。
と,ちょっと頭がいっぱい系なので,たまには映画の話でもするかねい。

ボクは長い間,洋画ファンだったし,邦画はあまり見なかったんだけど,ちょっとした事がきっかけで2〜3年前から見るようになった。洋画に比べると派手さが少ないし,その派手さを追いかけたようなイミテーションの香りがする邦画が好きじゃなかったんですよね。

でも,テレビドラマのDVDは割と楽しんで見てるものもあって,その中に「時効警察」があったわけですよ。
で,それ以来,三木聡監督作品を探して見るようになったり,初期作品3本入りのDVDボックスを買ってみたり。割とすっかりファンです。

で,今日はまだ持ってない「図鑑に載ってない虫」が見たくなって,TSUTAYAで借りようと探したんだけど,見つからなくて,店員さんに「どこにありますか?」と聞いたら,「すいません,もう扱ってないんです…。」と言われてガックシ。

面白いのになあ。三木聡監督作品。
独特の空気感とどうでもいい小ネタが満載。
その小ネタ系で適度に笑えて,登場人物がいずれも個性的で,なおかつ,その個性を自分で楽しんでしまってる人達がいっぱい出てくる。まあ,いっぱいでは無いか。小さじいっぱいくらい出てくる。
音楽もセンスいいんだよね。BGMも含め,演出の中に「オレがオレが感」がとても少ない。
ここ大事。

でも,そういうアピールが少ないと一般的に人気が無いんだろうってことは軽く想像出来る。
でもさ,「転々」とかって,とてもいい映画じゃないですか。
その流れで見ればいいのにね。

今日初めて知った人は何かの機会で見てみるといいよ。
特にちょっと頑張りすぎたかな,とか,うまくいかねーなー最近とか思った時には見てみるといいよ。

あー,でも初心者は「図虫」じゃなく,「時効警察」シリーズとか,「亀は意外と速く泳ぐ」とかから,試してみることをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA