最近のBuzzy

No Restのミックス作業。
ミックスも作曲ツールとして考えると,いろいろ面白くなるね。

午前中,「バジー・フェイトン・ウィズ・ブランドン・フィールズ」が届きまして拝聴。

51X3nNjMm6L._SL500_AA240_.jpg

2008年10/15リリースなので,Buzzyの最新音源じゃないですかね。
プレイも相変わらず素晴らしいわけですけど,この人の音は時代時代であまり変わらないところがいいよなあ。
演奏自体は2007年1/11,Musicians Instituteレコとか。
正直なところ,ミックスはもう少しどうにかしようがあると思うけど,ライブの臨場感はでててナイス。まあ,MIレコな感じですよ。もうこれがトラディショナルになっちゃったのかな。
にしても,MI,懐かしい。
P-100(だっけ?)はまだあのまんまなんだろうか。
売店は今もあーいう感じなんだろうか。
校内カフェのエッグマフィンはまだあるんだろうか。
裏のフレンチカフェのおばさんは健在なのだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA